パロサント 小

860円(税込)

在庫 3 個 残りわずか!

購入数
パロサント 小(3本)
産地:南米ペルー
長さ:4〜5センチ
重さ:10g前後(合計)

※写真の器は付属品ではありません


濃厚で甘い香りが人もスピリットも引きつける「聖なる樹」

パロサントとは、南米ペルーに自生する天然の香木で「聖なる樹」と呼ばれています。 樹脂を豊富に含んでいるため、わずかな木片だけでも濃厚で甘い香りを放ちます。

火をつけると立ち昇る香り高い煙は、「場を清め、悪い精霊を追い払い、良い精霊を招き入れる」と言われ、パロサントの香りに惹かれて良いスピリットが集まって力を貸してくれる一方、悪いスピリットは追い払われます。

パロサントは煙が多く立つので火をつけてすぐ消すだけで、ウッディーで甘めの香りと、キリッとした香りが空間に広がり、晴れやかな気分をもたらします。肉体や思考、精神がスーッとなるような感覚がするので、敏感な方ならトリップしてしまうと言われるほどです。


インカ帝国の時代からシャーマンたちがヒーリングや清めの儀式にパロサントを使っており、現代においても、毒出しのアヤワスカの儀式においても、パロサントを焚いて場を清めています。また教会のミサで焚く薫香として、不幸や災難を払いのけるアイテムとして広く使われています。


身近に置いておくだけで幸せを呼ぶパロサントは、外出先に持ち運んだり、お部屋のインテリアとして飾ったりしておくこともできます。香りを放ちながら、空間を浄化し、清いスピリットを呼び寄せてくれます。悪いスピリットを追い払ってくれるので、お守り代わりにしていただくのもおすすめです。香りが弱くなったと感じた時には、少し削るとまた芳醇な香りが漂います。


パロサントは最近広まったばかりのため、まだあまり知られてはいないものですが、お客様からの反響が多く、ホワイトセージと並ぶほどの人気です。濃厚で独特な香りに病みつきになる方が多い一方、日本では手に入りにくい希少性から「幻の香木」とも呼ばれています。スピリチュアリストの中でも「香りがいい!」「浄化力がすごい!」「なかなか手に入らない!」話題となり、その人気に火がつきました。


スティックのまま置いておくとジワーッとした浄化が長期間続きます。煙による浄化は短期間で強い浄化というイメージです。いつもの浄化をホワイトセージで行いながら、強力に運気の流れの切り替えたい時には「スペシャルな浄化」としてパロサントを取り入れてみるのはいかがでしょうか?


こんな方におすすめです

・仕事で良い結果を得たい方
・大きなプロジェクトに取り組む方
・試験や受験を控えている方
・良いものを引き寄せたい方
・運を必要とする職業の方
・移動が多くいろんな部屋に泊まる方
・出会う人の質を変えたい方


こんなときに効果的です

・運気の流れを変えたい
・スピリットの助けを受けたい
・淀んだ空間を強力に浄化したい
・良いエネルギーを取り込む
・パワーストーンを浄化する
・瞑想の導入に使用する
・心と体をリラックスさせる
・お守りの代わりにする


【パロサントを使った浄化方法】

(空間を浄化する場合)
あなたが運気の流れを変えたい、淀んだ空気を浄化したい、スピリットの助けを受けたいというときは、パロサントに火を付け、強力な浄化を体験してみてください。

1)浄化したいお部屋の窓やドアを閉め、削り出したパロサントを貝殻などの受け皿に移します。
2)火をつけて煙が出たら手で扇ぐようにして火を消し、煙だけが出る状態にします。
3)その場が清められていくイメージを持ちながら、空間内に煙を行きわたらせます。
広い場所なら、受け皿ごと焚いたパロサントを持ち歩いてください。
4)煙が十分に行きわたったなら火種を消すか、自然に燃え尽きるのを待ちます。
5)窓やドアを開け、煙と共にネガティブなエネルギーが逃げて行くのを感じてください。


(パワーストーンを浄化する場合)
あなたがパワーストーン好きならば、まずは石の浄化に使ってみてください。ホワイトセージが清々しい風のような浄化力を持つとすれば、パロサントは濃厚な芳香で石を浄化し、力を与えていくイメージです。

1)浄化したいお部屋の窓やドアを閉め、削り出したパロサントを貝殻などの受け皿に移します。
2)火をつけて煙が出たら手で扇ぐようにして火を消し、煙だけが出る状態にします。
3)お手持ちの石やアクセサリーがクリアになるイメージを持ちながら、煙に数回くぐらせます。
4)浄化が終わったら火種を消すか、自然に燃え尽きるのを待ちます。


(瞑想の導入に使用する場合)
幻惑的な香りは瞑想状態に入る導入としてぴったりです。瞑想する前から、削りだしたパロサントを受け皿の上で焚き、その香りの中で瞑想をはじめてみてください。浄化された空間、クリアな意識と精神によって深い瞑想へと入っていくことができます。パロサントで浄化したストーンを握ったり、身につけたりすることで相乗効果も期待できます。


(心と体のリラックスさせる場合)
スティック状のままで置いておくと強い香りを放ちますので、お部屋や玄関に置いて飾りながら芳香を楽しむことができます。天然のリラクゼーション剤となるでしょう。枕元に置いておくことで安眠効果も期待できます。ナチュラルウッドな見た目はインテリアとしても最適です。長期間置いて香りが薄くなってきたら、表面を少し削ってみてください。再び良い芳香を放ち始めます。 お風呂にパロサントを浮かべた「聖なる湯」で心と身体のリフレッシュをするのもおすすめです。


【パロサントの削り方】

パロサントの香りがなくなった時や、燃やして浄化する場合には、削ることをおすすめします。スティックで置いておく場合はまた香りが広がりますし、焚く場合にも燃えやすくなります。

パロサントの削り方
カッターでこのように角を削ると簡単に木片ができます。削ると香りも復活します。

パロサント木片作り方
薄めに削ると燃えやすくなります。

パロサントはチャコールがおすすめ
火をつけたチャコールに乗せると簡単に焚くことができます。うーん、香しい。


ご使用の際は下記の点にご注意ください

・パロサントは油分を含み非常に燃えやすいため、周りに引火物がないか十分確認してください。
・火災報知器のある場所でのご使用はお控えください。
・火傷に注意し、必ず最後には火が消えていることを確認してください。
・体調が悪かったり、自分に合わないと感じる場合は使用しないでください。
・妊娠中・授乳中、薬を服用中、多量のお酒を飲んだ後なども使用しないでください。
・樹脂を含んだスティックから初めに黒い煙が立つことがあります。その場合はスティックを削ってご使用下さい。
・写真の受け皿は付属しません。
・当店の商品を使うことでのトラブルには当店は一切の責任を負いかねます。
・パワーストーンの浄化は長くやり過ぎるとくすみが付く場合がありますのでご注意ください。


ハーブは焚く人や焚く目的、場所との相性のようなものもあり、感じ方にも個人差があります。あまり効能にとらわれ過ぎず、「このセージを焚いたときはこんな感じがした」と、ご自分の感覚を大事にするのもよいかと思います。

ご縁があってあなたの元へ旅立つセージが、
あなたのお役に立ちますように。