ジュニパー

1,290円(税込)

購入数
ジュニパー
産地:アリゾナ
長さ:13〜15センチ
重さ:25g前後

※写真の器は付属品ではありません


困難に立ち向かう心の強さを与える

ジュニパーは北半球に広く分布するハーブで浄化や魔除けに使われており、人が最初に利用した植物の一つと言われています。チベットでは疫病から人々を守る薬草として、宗教儀式で焚かれていました。フランスの病院では空気の浄化や、伝染病予防に用いられていたそうです。その独特の香りはお酒のジンの香り付けにも使われています。

ジュニパーの一番の性質はなんといっても「強い浄化」です。心にあるネガティブな感情やわだかまりを押し流し、浄化してくれる力があります。モヤモヤのない清らかな心になり、冷静な思考力を得ることができます。

また、ジュニパーには心を温め、強くする力があります。失敗を恐れる不安感から、憂鬱、引っ込み思案を取り除き、意志を強くし、自信を持たせてくれます。そして、困難にも立ち向かう心の強さを与えてくれるでしょう。

やる気が出ない時、チャレンジ精神を失った時に、気力を回復してくれます。ゆっくりと深呼吸しながらこの香りをかぐと、頭がスッキリして、やる気がアップします。


調子が良いはずなのになんだかやる気が出なかったり、体調は良いのに疲れていたりということはありませんか?そんなときは、あなたの気がすり減っているのかもしれません。

たくさん人がいる場所に行くとなんだか気疲れしますよね?それは他の人の気とぶつかって、気がこすれるからです。とくにネガティブな人と会うと、あなたの気とぶつかり合うので、その消耗は激しくなってしまいます。日常生活でも気づかないうちに気が消耗され「あれ?やる気がでない」「朝起きられない・・・」ということになってしまいます。

そんなときは家に帰ったら、ジュニパーを焚いてみてください。ネガティブなエネルギーを浄化し、あなたの気を修復してくれます。まさにジュニパーは気を守ってくれるお守りのようです。

心の浄化剤として、周囲からのマイナスエネルギーを受けやすい場合や多くの人と接触してエネルギーを消耗した場合に役立ってくれます。


こんな方におすすめです

医療従事者
ヒーラーやセラピスト
たくさんの人と会う職業の方
マイナスのエネルギーを受けやすい方


こんなときに焚くと効果的です

困難に立ち向かうとき
自信を得たいとき
やる気を出したいとき
やる気はあるのに行動に移せないとき
ネガティブ波動の人と会ったとき
身の回りで良くないことが続くとき



【ジュニパーを使った浄化の方法】

1)アバロンシェルや耐熱皿など受け皿を用意します。

2)風で飛ばないよう窓を閉めます。
  空調の風にも気をつけましょう。

3)ジュニパーにライターなどで火をつけます。
  (バンドルのまま使うこともできますし、細かくちぎって使うこともできます)

4)火がついたら、手であおいで火を消してください。
  葉っぱがジリジリと燃えながら煙が出ている状態にします。

5)煙をあなたがいる場所、あなたの身体の周りに行き渡らせます。

6)終わったら火を消して、窓を開けます。
  ネガティブなエネルギーが出て行くのを意識してください。
  
7)灰は次回の浄化時に使うことができるので置いておいてかまいません。


※焚き方に馴れが必要ですがとても甘い香りがするおすすめのスマッジングハーブです。ライターはターボタイプやチャッカマンがおすすめです。それでも火がつきにくい場合は、チャコール(着火用木炭)を使用するとうまく焚けるでしょう。

セージの葉が湿気を含むと、火がつきにくくなったり、火がついてもすぐに消えてしまったりします。お天気の良い日に天日干しで乾燥させると元に戻りますので、ぜひお試しください。


ご使用の際は下記の点にご注意下さい

・煙が充満しますので、火災報知器のあるお部屋でのご使用はご注意ください。
・灰が落ちますので、必ず耐熱性の容器の上に載せて浄化を行うようにしてください。
・使用後は完全に鎮火していることを確認し、火気の取り扱いには十分ご注意ください。
・湿気は大敵です。使用後は袋の口を固く閉めて保管してください。新しい乾燥剤を入れておくのもおすすめです。
・写真の受け皿は付属しません。
・当店の商品を使うことでのトラブルには当店は一切の責任を負いかねます。
・パワーストーンの浄化は長くやり過ぎるとくすみが付く場合がありますのでご注意ください。


ハーブは焚く人や焚く目的、場所との相性のようなものもあり、感じ方にも個人差があります。あまり効能にとらわれ過ぎず、「このセージを焚いたときはこんな感じがした」と、ご自分の感覚を大事にするのもよいかと思います。


ご縁があってあなたの元へ旅立つセージが、
あなたのお役に立ちますように。