シダー

1,290円(税込)

購入数
シダー
長さ:11〜13センチ
重さ:15g前後

※写真の器は付属品ではありません


インスピレーションを授ける神の木

シダーは、木部・葉・樹脂に芳香を持っており、古くから香のほか、病気治療にも使われてきた聖なる波動を持つ木と言われ、別名「Tree Of The Lord(神の木)」と呼ばれています。

ネイティブアメリカンは、スウェットロッジ(祈りを捧げる儀式)の前に、シダーを熱い石の上で焚き、体やエネルギーを清めるために使っています。

シダーの煙は、ネガティブなエネルギーを取り除き、良い気を取り入れてくれます。また天と地の橋渡しとして、グレートスピリット(大いなる神秘)を引き寄せていると言われています。思考をクリアにしたいとき、何かインスピレーションやアイデアが欲しいときに焚くと、きっとあなたの手助けをしてくれるでしょう。

シダーの香りは、ほのかに甘く爽やかで、深いリフレッシュ感と心の落ち着きを与えてくれます。波動の低いエネルギーを取り除き、良い気を呼び入れてくれるので、浄化と瞑想の為のスマッジとしておすすめです。


こんな方におすすめです

アーティストや作家、芸術家
その他、表現を職業とする人
アイデアを必要とする仕事の人
ここ一番で集中力が必要な人
締め切りや期限に追われている人
決断や判断をしなければいけない人


こんなときに焚くと効果的です

インスピレーションが欲しいとき
直感を働かせたいとき
瞑想をしたいとき
落ち着かないとき
リフレッシュしたいとき
勉強や仕事で集中したいとき



【シダーを使った浄化の方法】

1)アバロンシェルなどシダーを焚く受け皿を用意します。

2)シダー適量を受け皿に移し火をつけます。
  手で軽く扇いで炎を消し、煙を燻らします。
(息を吹いて炎を消すと飛び散る場合があるのでご注意ください)

3)煙に感謝の祈りを込めて、浄化したい対象をゆっくりと煙で燻らせて下さい。

4)浄化が終わったら、窓を開けて煙を開放してください。
  この時、必ず火が消えたのを確認してから、その場を離れて下さい。


バンドル(ワンド)の状態のまま浄化を行うときは、シダーの先端に火を付け、手で扇いで火を消し、煙を燻らせます。浄化したいものや場所・空間に、煙を行き渡らせます。終わったら耐熱皿などに置き、シダーの先端を器に押し当てて、火種を消して下さい。バンドルタイプは、シダーが残っている限り繰り返し火を付けて使えます。

※焚き方に馴れが必要なスマッジングハーブです。ライターはターボタイプやチャッカマンがおすすめです。それでも火がつきにくい場合は、チャコール(着火用木炭)を使用するとうまく焚けるでしょう。

セージの葉が湿気を含むと、火がつきにくくなったり、火がついてもすぐに消えてしまったりします。お天気の良い日に天日干しで乾燥させると元に戻りますので、ぜひお試しください。


ご使用の際は下記の点にご注意下さい

・煙が充満しますので、火災報知器のあるお部屋でのご使用はご注意ください。
・灰が落ちますので、必ず耐熱性の容器の上に載せて浄化を行うようにしてください。
・使用後は完全に鎮火していることを確認し、火気の取り扱いには十分ご注意ください。
・湿気は大敵です。使用後は袋の口を固く閉めて保管してください。新しい乾燥剤を入れておくのもおすすめです。
・写真の受け皿は付属しません。
・当店の商品を使うことでのトラブルには当店は一切の責任を負いかねます。
・パワーストーンの浄化は長くやり過ぎるとくすみが付く場合がありますのでご注意ください。


ハーブは焚く人や焚く目的、場所との相性のようなものもあり、感じ方にも個人差があります。あまり効能にとらわれ過ぎず、「このセージを焚いたときはこんな感じがした」と、ご自分の感覚を大事にするのもよいかと思います。


ご縁があってあなたの元へ旅立つセージが、
あなたのお役に立ちますように。